患者の体力を温存しながら治療するのが免疫治療の特徴

therapy

therapy

がん治療について知ろう

男女

特徴を知ろう

免疫治療によってがん細胞に効くものと予め訓練が必要なものもあるので、検討中の場合はより効果的な治療を受けるために、特徴を把握しましょう。そうすれば、今の状態に合う治療法が見つかります。

READ MORE

日本には沢山のがん患者がいる

今や三人に一人ががんで亡くなる時代なので、命を落とさないためには定期的に検診に出向く事と、症例実績がある免疫治療や三大治療を併用して病状を安定させることに専念すべきでしょう。

がん治療で辛かったこと

no.1

脱毛

がん治療の一環で行われる抗がん剤治療は、脱毛という形で副作用が生じます。今まで生えていた髪の毛が全て抜け落ちるのですから、ショックはだいぶ大きいでしょう。

no.2

吹き出物

抗がん剤治療中に出てくるニキビのような吹き出物も、がん患者が多く経験する副作用の一つです。主な出現場所は腕、手足、顔です。脱毛はウィッグで隠せばいいですが、それができないと辛いでしょう。

no.3

連日続く食欲不振

治療を開始してから数日が過ぎたころから、食欲がウソのようになくなります。ついでに吐き気がくるので、一口食べるのもやっとという状態でしょう。山を越えると、異常なまでに食欲が出てくるため、体重が増えるケースもあります。

no.4

下痢と便秘に悩まされる

がん治療に使う薬の中には、小腸の動きを制限する作用が働きます。その影響で、便秘や下痢の症状が出始め、悪化すると脱水症状を引き起こします。あまりに辛い場合は、担当医師に相談をし、対処してもらう必要があります。

no.5

口全体に広がった口内炎

抗がん剤使用中は、免疫力の低下で口腔内の機能も低下します。そのため、粘膜が激しく荒れたり口内炎ができたりなど口の中は悲惨な状態になります。落ち着けば徐々に消えますが、その時が来るまで耐えるしかないでしょう。

免疫治療のメリット

副作用がほとんどない

がん細胞めがけて攻撃をするので、正常な細胞に傷をつけることがありません。その影響で副作用がほとんどなく、快適に治療を継続させることができます。特に副作用が多い抗がん剤や正常な細胞に悪影響を及ぼす放射線治療は、どちらも患者の免疫力を下げかねないので、がんに打ち勝つための力を免疫治療で温存させる必要があります。

病状関係なくどのがんにも対応する

ステージがすでに進んでいる末期がん及び、全体に転移している状態では、抗がん剤や放射線、外科治療はほぼ不可能と考えていいでしょう。病状の悪化がみられる場合でも、免疫治療を活用すれば広範囲に渡り、がん細胞をやっつけることが可能です。さらに、治療を継続する体力がない場合にも活躍します。

早期発見で完治が見込める

あちこちに転移している場合は難しいですが、初期の段階なら根治できる可能性が極めて高いです。副作用もほとんどないですし、何もできなくなるくらい体力が消耗することはそんなにないので、仕事も治療と平行して続けられるでしょう。

体力が戻る

抗がん剤治療で失われた体力が、免疫治療で元通りになったというのはよくある話です。実際、失われた食欲が治療の甲斐あってラーメンやとんかつが食べられるくらい回復した例もあります。バランスの良い食事に切り替えれば、免疫治療にも良い影響を与えるでしょう。

他の治療と併用できる

病状を抑えるのに欠かせないがんの三大治療ですが、そこに免疫治療を組み合わせることでよりがん細胞をやっつけるパワーが強くなります。別の病院で良くなる見込みがないといわれても「まだ諦めたくない」という思いがあるなら免疫治療を検討してみてもいいでしょう。

この組み合わせが良い

病院

外科手術をする場合

場所や腫瘍の大きさによっては、外科手術で取り除けるので治療としては一番良いでしょう。一方で、腫瘍を切除する際に見えないがん細胞が散らばることがあるため、これにより他の臓器へ転移することもあります。それを防ぐために、腫瘍摘出後に免疫治療を行うというのが普通になりつつあります。

放射線治療と抗がん剤治療とのミックス

がん細胞を効果的に消滅させられるのが放射線の特徴ですが、同じ個所に何度も行うと正常な細胞を減らすことになりかねないため免疫治療を併用し、治療のサポートをすることが求められます。他にも抗がん剤との組み合わせは免疫細胞の増殖と活性化を促すため、患者自身の体力を温存させる効果が期待できるでしょう。がんの三大治療を病状に合わせて組み合わせていけば、重い症状もやがて、軽くなり本人も楽になります。

広告募集中